お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 月~金:9~22時/土日祝:9~20時

契約一般

契約書の作成・審査

契約書の作成・審査

契約書の作成・審査は、企業法務で最も重要な柱の1つであると考えられます。

企業活動において、契約書の作成・締結が不可欠なものとなります。企業によってはネットで公開されている契約書のひな形をそのまま流用されることもあります。しかし、契約というのは貴社とその相手方の個別取引を想定してその法的リスクを避けるために作成・締結するものであって、ひな形がすべての法的リスクを網羅しているわけではありません。

その契約ならではのリスクを避けるためには、経験豊富な専門家である弁護士が依頼者様と綿密なコミュニケーションを取って契約の内容・事情を理解した上で、その契約のためにカスタマイズされた契約書を作成すべきものと当事務所は考えております。その場合に当事務所が留意する点は、その取引のどのような取引か(売買、賃貸借、業務提携、秘密保持契約、契約の性質によって留意すべき点はことなります。)、依頼者様にとってどのような位置付けの取引なのか(重要なスポット取引なのかルーチンの取引なのか)、相手方とはどのような関係にあるのか(元請、下請、親子会社の関係、相手との力関係などにより契約の内容は変わってきます。)、同種の業界や同種の契約でどのような紛争が実際に起きたかなど、様々な視点から依頼者様の担当者との綿密なコミュニケーションをとり、契約書のドラフトを作成し、これを踏まえた検討を行います。

どんなによい契約書が作成されたとしてもこれを相手方に提示して相手方に納得してもらわなければ契約として成立しません。当事務所は、交渉に関する助言・サポートも行っております。いかに自己に有利な着地点にもっていくかの交渉は非常に困難なものです。当事務所においても、様々な同種の案件の交渉経験を踏まえて、依頼者様と綿密なコミュニケーションをとって慎重な検討を行うことにより、相手方との交渉結果を反映させた契約書が依頼者様のご納得いくものとなるように全力でサポートさせていただきます。