お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

平日:8時〜22時/土:10時〜21時/日祝:9時〜20時

Blog

会社関係

株式名義



実際の株主と別の人の名前を株主名簿に記載している場合、その株を名義株と言う。これが行われる理由は、真実の株主の名前を出したくないからであるがその理由は様々である。真正な株主を隠しておきたい場合、株式譲渡後名義書き換えを怠っていた場合、譲渡制限会社について会社に譲渡承認請求をせずにあるいは未承認のまま株式譲渡している場合など、が理由としてある。名義株の株主がいる会社は、基準日における株主名簿に従って議決権を行使させれば責任を負わないので会社としては特に注意する必要は無い。上場会社の場合一定数の名義株が存在するが発行済み株式総数に占める比率は大変小さいので影響はほぼないと言っている。他方非上場会社、とりわけ同族会社の場合は株主がもともと少ないため名義株が存在すると会社の意思決定に関与すべき真正の株主が表に出ないことになり、会社の運営に実質的な影響が出る場合がある。株主総会の招集通知は株主名簿に従って名義株主に対して行われる。名義株は決して好ましいとは言えないし、また違法な目的のために利用することは認められないがやむを得ず行う場合には名義人と真正の株主との間で真正な株主が何人であるかまた真正の株主の請求によりいつでも名義の書き換え請求などを行うことを約するなど、適切な内容の書面を取り交わしておくことが必要である。